英語の積み上げ PR

丸暗記を卒業し、文法を覚える

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

とりあえず英検準2級を合格できたのは、一発合格しないと、母親のプライドがダダ下がりするし、何より、始めたきっかけが、

中受する我が子へ勉強する親の姿を見せる。

ことだったので、不合格になるわけにはいかなかった。

勉強した先のモデルが不合格って、イメージが悪すぎる。

なので、英検準2級の時はテキストを3周回し、ほぼ丸暗記で合格。

面接も、YouTubeを何度も見直して丸暗記。

今残っているのは、勉強したテキストのみ。。。

英語が頭にほとんど残っていない。

これじゃ意味がない。

なので、丸暗記を卒業します。

丸暗記を卒業するきっかけだったのが、文法を覚えないということは、

野球で言えば「ストライク」、「ボール」とか専門用語を知らないのと一緒。

ストライク3回で1アウトは分かったけど、ストライクとボールの違いは何?

文法も一緒で、進行形って何?

〜ingつけてれば進行形で、〜していると訳す。

じゃなくて、そもそも進行形ってどんな時につかうの?

ってなると、「テニスしている」を言いたい時に使う〜ing。

文法を理解していると、「〜している途中を進行形では表すよ」と分かりました。

文法をTOEICで800点越えできるぐらいの深掘りをして、みんなが取れるところは点数を確実に取っていく。

取りこぼしのないようにする。

その辺りは、中受と一緒ですね。

今日も、勉強頑張ります。