英語の積み上げ PR

TOEICを0から600点まで爆上げできるか?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

英検準2級を受験したのは2020年の2月でした。

この時は、2019年12月から2カ月勉強し続けて、合格しました。

けれど、それから英語の勉強を真面目にしてこなかったです。

ラジオ英会話を1カ月やったら半年やらないとか。

TOEICのPart2のリスニング聞きましたけど、全然分かりません。

これでまずはTOEICのスコア600点て、届くんだろうか。

なんで目標を600点にしたのか?

600点を目標にした理由としては、やるからには「これぐらいやったら600点取れるぞ!」という勉強量と結果が欲しかったから。

アケジュン
アケジュン
TOEICのスコアを履歴書に書くなら600点以上らしい

就活で書くなら、TOEICスコア800点以上でないと、書く意味すらない会社もあるらしい。

けれど、そんなハイレベルな会社を受けるとかないし、英語の実力をつけたいので、目標として600点を目指す。

それで、どんな勉強法でやると、どんな結果が出るのかを知りたかった。

目標を600点としたのは、勉強量を見たときに、超えられそうな壁だったから。

でも今は、その自信がない。。。

コストを極力下げたい

TOEICとはどんな試験なのかを知るために、とりあえず受験するのもアリかと思います。

しかし、受験するのもコストがかかります。

受験料だけでなく、受験会場までの交通費、受験するために家事や他の用事などを済ませたりしなくてはいけないので、時間とお金をかける必要があります。

何度も受験するわけにはいかないので、ちゃんと勉強をして受験をした結果として、まずは600点をクリアしていきたいです。

まとめ

前提として、英語の勉強をするの嫌いじゃないです。

ただ、知らない英単語が多くて、モチベーションが下がりまくり、1日かけて寝る前にやっと勉強するとかあります。

英検は大学受験に続くものなので、英単語もやさしい。

TOEICは生活に直結している単語が多いです。

だからこそ覚えて英語を使いこなしたい気持ちが高まります。